【Vol.28】桐朋との繋がり -35期 深澤幸郎さん 後編-

ゲスト    :桐朋学園初等部35期卒 深澤幸郎さん(以下、深澤さん)
インタビュアー:桐朋初等部同窓会 会長 髙田紀世(以下、髙田)

 

深澤幸郎さんとのインタビューの後編です。
前回のインタビュー<前編>はこちら

髙田:
幼稚園の今ある遊具でコトブキさんのものがあるとお聞きしたのんですが、この遊具がいいみたいなお考えがあったのですか?

深澤さん:
なんかそこは選定も含めて、すごい桐朋らしくていいなと思っていて、卒業生の会社だからっていうので、全部うちの製品が納まっているわけでもなく、「いいものを選びます。」というところが桐朋らしくていいなって思っていて、なので、あんまりそこに営業として僕が関わってはいなくて、こういうのもはありますか?とか、こういうブランコとかどうですかっていう話があっても、基本的に営業担当がやったので、僕自身はあんまりほとんどが実は関わってなくて、ただ納まっている遊具に関していうと、あのたしかこれは外していたら、ちょっと1点確認しないといけないんですけど、確かブランコの上側のバーを梁材というんですけど、これは黄色いやつだったと思うんですよ。で、さっきの話に戻りますけど、あの黄色のバー材を規格で作ってるのって多分うちくらいだと思っていて、ブランコって10年~20年持てばいいものだって。言われていて、場所によりますけど、わざわざ黄色に塗る必要はないんですけど、黄色なんですよ。

何でかっていうと、子ども達にとって黄色って目に付くので警戒色なのですよ。玩具とかにも黄色ってよく使われているですけど、その大きいものの塗装で黄色って実は面倒くさいんですよ。一番下地が透ける色なんで。

なので、下が透けるので結構ちゃんと塗らないと上手に塗ってあげなきゃいけない。手間掛かることをやってるんですけど、そんな遊具が納まってますので、センスなんだと思うんですけど、いい遊具を選んでいるなとは思います。個人的にです。

黄色じゃなかったらヤバイですけど(笑)
違うのだったらどうしようと思いながら、さすがに覚えてなくて(笑)

髙田:
なぜ黄色に塗っているのですか?

深澤さん:
それでいくと2つあって、おそらくそれは違う仕様なんだと思うんすけど、元々ブランコの持つところ、ガッチャンガッチャンなるでっかい何て言うんですか、このチェーンみたいなのが一般的なんですけど、会社とするとそれが嫌で、持ち手が美しくないというか、きれいじゃないっていうのがあって、そこをロープにしていたんですよ。で、中に鉄のワイヤーが入ってて、ただのロープっていうよりは、ブチンって切れるよりは、編み込んだザイルロープと呼ばれるすごい強度のロープがあって、それが赤かったんですよ。

それとなんか形としてマッチして、かつ子どもにとって、ちゃんと正しく目につく。
さっきの話じゃないですけど、やっぱり子どもに視認してもらって気づいてもらうとか、アピールするっていうのが、遊具としても一方では遊んでもらうために必要だと思っていて、遊びがあまりにも少ないから、あれば何かものすごく人が集まるっていう時代でもないので、ちゃんとアピールする必要あるなと思って。

ちなみに6年ぐらい前にベトナムにうちの会社の遊具を納めたことがあって、1件だけちょっとやってみようかってやったら、やっぱりもうオープンとともに本当になんか鈴なりに大人も使うぐらいの勢いで来て、足りてないところってこういう感じだったんだって、僕は知らない時代ですけど、なんで50年前とか日本だったらたぶんそんなだったと思うんですけど、今ってやっぱり公園にちょっと新しい遊具ができたとなると、人が来ますけど、もう人だかりになるとかはないと思うんですよ。
そういう意味でも、ある程度足りている時代の中で、遊具っていうのが自分でちゃんと色とか形とかアピールしてあげる必要はあるなって、個人的にはそう思います。

髙田:
先程、お子さんの話に戻すのですが、桐朋に皆さん入っていて、ご自分の時代と今の桐朋教育を比べてみて、ここは変わらないなっていうことと、ここは変わったなっていうことはありますか?

深澤さん:
変わらないなと思うのは、テストは無いんだなとかは変わんないなって思います。
一方で変わったなと思うのは、なんか子どもの側が、そこは学校の勉強に対して、結構変わったたんじゃないかなって、先生が変わったっていうよりは、子どもの勉強に対する姿勢は変わった気がしますね。
なんとなくですけど、これがいいのかどうかは分からないですけど、やっぱりすごくみんな、ちゃんと塾に行くとか、勉強するとかって、すごい真面目に考えているので、親の側はすごい変わってきているんじゃないかなっていうのは、ちょっと何か感じますかね。

僕は何か全然桐朋のあの雰囲気のままやってればいいんじゃないと、人に迷惑をかけなければ、たまに授業中に寝てて、怒られたぐらいのことは毎日日常茶飯事でしたけど、別に迷惑もかけてない中で、楽しく生活をしていれば、中高猛烈に頑張れば別に勉強なんて、なんとかなると僕は思うので、もう少しゆったりしていればいいんじゃないかな。っていう風には個人的には凄い思います。みんな焦ってるのかな。親が焦っているんじゃないかなと思います。僕は何かあんまりいらないんじゃないかなって思います。

僕も、小学校から話が外れますけど、大学受験の勉強を始めたのは高3の春で、それまで多分すごい勉強しなかった方なので、まあ良いことかどうか分かんないんですけど。でも腹を決めたらすごいやるっていうのは何か桐朋っぽいし、そっちの方が楽しいのになぁって僕とか思っちゃいます。まぁ、人によりますけどね。

髙田:
今の仕事やっている上で、桐朋で学んだことが活きていることはありますか?

深澤さん:
何でも必要なことは、自分でやってみるというのはすごい活きていると思います。

多分、一般の社長業の中でも、すごい仕事をする方だと思うんです。自分のこと。すごい仕事するってのは、長時間労働ということを意味しているのではなくて、まあ土日とかも仕事やったりするので、労働時間も長いってことも、もちろんあるんですけど。それ以上に全部やる社長なんですね。

営業っていう仕事あります、設計開発とあります、製造ってありますと、一般的にいうと、作って売るというのが、製造業って言われるんですよね。創造の作る、製造の作る、セールスの売る。それ以外にもマーケティングがあります、広報があります。で、人事があります。総務があります。経理があって、財務があってITがあってリーガルがあって、全部やるんです。

全部やるってのは、俺が全部やるからお前ら従えっていう、そういう社長業じゃなくて、それぞれのジャンルに関わるのが楽しくて、例えば、ITだったらITの情報システムの部長とか、営業だったら、営業の部長と製造現場の人に至るまで、ここはどうやってるの。とか、なんでこうなるの。みたいな話をして、この観点だったらどうなるかな。みたいな話をするのがすごく好きだし、それをやっているから、たぶん相当、まあまあ社長を継いだの30歳なので、それなりに若気の至りで、会社もドタバタした時期もあったんですけど、乗り越えられたのはたぶん仕事が全般に好きなのと嫌だな苦手だなって思っても、一回飛び込んでやってみるみたいな、必要に応じてやってみるみたいなのがあったので、乗り越えられたなと思っていて、なのでそこが桐朋っぽいなって自分のことを思います。

髙田:
ありがとうございます。そろそろ最後の質問になります。今、いろんな公園がありますが、お勧めな場所はありますか?

深澤さん:
こういう時に、僕はどこでもいいから海外の公園って言うんですよ。
公園にこういう観点で行った方がいいよっていうのって何か気づきとか、素晴らしい何かがあるんだと思うんです。

それでいくと、一番は今家の近くにある公園っていうふうに言っていて、各々の家の近く一番近くの公園行ってください。と、それが自分の住んでいる文化圏の中で一番近い凝縮された何かです。と。
例えば、僕の家の近くに公園がありますけど、やっぱり自然がすごいいっぱいある公園なので、人が集まるんですけど、すごく高齢の方が増えてるなとか、そこに気づけることが本来必要で、別に公園があるから、何か素晴らしい学びが。とかよりは公園とある程度社会の縮図なので、なるべく自分の家の近くの公園に一つ行く。

その次に、自分の家から行ける範囲で、でっかい公園に1個行ってみる。
さらに海外の公園に行く。っていうこの3段階で比較すると、多分すごく色んな気づきがあると思うんですね。

ただ、残念ながら海外はなかなか行けないので、しかもちょっと今コロナの感染者数も多いので、旅行もあんまりしづらいとは思うんですけど、ちょっと違う生活圏の文化圏の大きい公園とかに行くといいと思います。個人的には僕は今、ちっちゃい子のこの2~3年に、大事な10代もしくは10代未満を過ごしている。子ども達がコロナ世代と言われないように。

たぶん、10年後とか15年後に、この時期10代を過ごした子たちがコロナ世代と名付けられ、お前らはグローバル感覚がない。なぜなら、小さい時に行かなかったからだって、言われる憂き目に遭うはずなので、そうならないように、今海外の公園がどういう風にデジタルで繋ぐかとか、そういう開発が僕好きでやっているんですけど、なんかそういうその感覚を今、この瞬間は技術として出来てないのであれば、なるべくそれができるように、少なくとも自分の家と違う生活圏のところの公園に行ってみてどう違うんだろう。何が違うんだろうなって、なんとなく見てみるっていうのがやれるといいなと思いますね。願わくば、チャンスを見つけて、海外の公園がいいと思います。海外だったらどこでもいいと思います。個人的には、オランダの公園がすごくいいと思います。人種の多様性と差別の緩やかな差別しかない感じみたいなのも含めて、オランダの公園がすごくいいと思います。

髙田:
ありがとうございます。オランダに行けたら、公園に立ち寄れたらと思います。

深澤さん:
是非!オランダはいいと思います。

髙田:
本日は本当にお忙しいところありがとうございました。

深澤さん:
はい、ありがとうございました。

次回、卒業生のインタビュー記事は<2022年11月1日>に予定しています。

こちらのページでは、先生や卒業生の近況、また桐朋生にとって懐かしい方々を紹介いたします。
桐朋学園初等部同窓会は6,571名(2021年度3月時点)の会員から構成され、卒業生間の親睦と母校への貢献を目的に活発な活動をおこなっています。
卒業後も桐朋の教えをもつ仲間として、深い繋がりをもっていることが桐朋学園初等部同窓会の特徴です。

同期生同士の横の繋がりだけでなく、クラブ活動や課外活動等によって形成された先輩・後輩の縦の繋がりは、社会人になってからも大きな心の支えとなり、様々な場面で活かされ、その関係は一生のものとなっています。

「桐朋との繋がり」をきっかけに、更なる同窓生の交流が深まるよう、これから繋がりの深い方々を紹介していきます。