【Vol.27】桐朋との繋がり -35期 深澤幸郎さん 前編-

ゲスト    :桐朋学園初等部35期卒 深澤幸郎さん(以下、深澤さん)
インタビュアー:桐朋初等部同窓会 会長 髙田紀世(以下、髙田)

 

髙田:
本日は「マツコの知らない世界」の「公園遊具の世界」にご出演なさったこともある35期卒深澤幸郎さんのお話をお伺いさせていただきたいと思います。まずは自己紹介からお願いいたします。

深澤さん:
事前にご質問を頂いていたので、卒業年を調べたんですけど、2000年に高校を卒業してるので、
6年前だから、1994年に卒業しています。ちょっと期はわからなくて。桐朋小学校を卒業しました深澤幸郎と申します。
幼稚園からなので、ずっと桐朋に通っていた生粋の桐朋っ子です。というところですね。

簡単に今の仕事の説明をすると、今のお仕事は株式会社コトブキという会社で、公園に置かれている滑り台とかブランコとかの遊具や駅のホームに置かれているベンチとか、みんなが使う家具とか遊具とかを作る会社の社長をしてます。現在40歳です。

髙田:
ありがとうございます。今のお仕事をなさるきっかけは何があったのでしょうか?

深澤さん:
もともと実家の家業なので、実家を継いだというところではあるんですけど、
それも結構急な話で、あんまり家業を継ぐとかということも考えずに、普通に就職活動をして、大学から就職を1社目して、10か月くらい経った時点でまあそういうこともあるかなと思って継いだということですね。

何かを意識して、人生生きてきたわけでもなく、普通に楽しい高校生活も大学も楽しく生活をしてきて、普通の生活をするつもりで大学に入って、気づいたら会社を継いでいたということですね。

髙田:
桐朋の生活で家業を継ぐきっかけになった事柄はありますか?

深澤さん:
家業なので、直接的に桐朋にいたから継ぐとかということでは当然ないとは思うんですけど、
継いでくれって結構急な話だと思うんですよね。当時24歳で話が来て、そういう突然の変化であったりとか、大きく事態が変わることに対してあまりなんか嫌だなとかはあんま思わずに、そういうこともあるよなって思って、そこからどうしようかなって考えるような何ていうんですかね。自分の力ではどうしようもない変化っていうのは、その変化を受け入れてじゃあどうしようって考えるみたいなところは桐朋生らしいなというのは自分でちょっと思います。

髙田:
いろんな変化にチャレンジしていくは桐朋生らしいなと思います。遊具を作るお仕事の上で、小学校時代の遊びを活かしていることはありますか?

深澤さん:
あんまり感覚は幼稚園、小学校の時代から変わらないので、面白いって思うかなっていうのを、今でも会社の代表で社長をやってますけど、製品の開発って社長の仕事でもあるので、自分では絵を描かないですけど、どういう遊具がいいのか、どういうベンチだと人が座りたくなるんだろうっていうことを考えるってことはやっていて、そういう時に小学生の感覚のまま大人になれるって訳ではないまでも、小学生の感覚を維持したまんま大人になれるっていうのってすごく難しいことだと実は一方で思っていて、やっぱり社会人になると、なんとなくこういう感じとか、一般的にみんなこうかなみたいな、いわゆる当てに行くってことだと思うんですけど、すごくそれが多くなる。その中であんまりいい意味で人の意見を聞かないというか。自分はこう思うっていうところを自分で考えて、自分で決めてっていうのをやっているあたりは何か桐朋で過ごしていたのがすごく活きているとは結構思います。

髙田:
深澤さんはお子さん4人とも桐朋にいらしているということをお聞きしましたが、お子さんの生活からお仕事のヒントを得られることはありますか?

深澤さん:
子どものことは気にしたことがなくて、なんか自分の子どもだからっていうことは気にしないんですけどそうですね。
何かを見ていて、僕が小学生だったのは30年前ですけど、当時からゲームってあって、今もゲームってあって、ある一定の側面においては、ゲームをやっている子どもを家から外に出てきてもらうっていうところがすごく大事なことだとも思っていて、そういう意味だとあまり変わらないなって実は思ってます。

唯一大きく変わったのはこの2~3年のコロナっていうので、本当に外に出られないっていうところは変わったなと思います。けれども、その他は実はあんまり変わらないんじゃないかなって思ってます。

髙田:
子ども達を外に出そうという工夫はあるのですか?

深澤さん:
遊具って基本的に行政というか、地方自治体が買うものなので、これだけ頑丈ですとか、これだけ高さがありますとか、数字で表せるもので値段って決まりがちなんですけど。でも本質的な価値ってそこだけじゃなくて、子どもだからこそちゃんと理解して、例えば色がきれいであるとか、デザインの価値みたいなところって、子どもの方が僕は敏感にというかビビットにというか、正しく反応してくれるなと思っていて、なので同じこういう鉄のパイプでこうやって作っていくらで作るってのが決まったとしても、じゃあ色は何色にしようか。とか、もう少し綺麗にしようとか、カラフルにしようとかっていうことは、やっぱり結構意識してやっている感じですかね。

髙田:
コトブキさんの遊具で人気なものを教えてください。

深澤さん:
最近だとふたつあって、一つはお城みたいな公園に遊具があると思うんですけど、その滑り台がすごい広いっていう、すごい広くてちょっとボコボコしてる。っていうの個人的には、昔から公園にあるコンクリートっぽいツルっとしたこう表面の長い坂みたいになっている遊具があると思うんですけれども、あれはすごく好きで。

好きなんだけど、今の時代あれ転んで頭を打ったら危ないのでやっぱりちゃんとそれを製品にした方がいいな。それがすごく人気なのが嬉しいっていうのが1点と、もう一つは人気って言っていいのかどうかは分からないですけど。まあ、昨今よく言われるインクルーシブな遊具。というのがあって、インクルーシブな公園っていうのが結構最近だとよくお仕事させてもらっていて。

一般的なイメージだとハンディキャップのある子どもと、健常な子どもが一緒に遊ぶというところをすごく大事にしている。そんな遊び場の設計、まあ遊具自体ではないのかもしれないですけど、そんなのがすごくお話をいただいたりする感じですね。

髙田:
作る上でポイントはあるのでしょうか?

深澤さん:
自分たちがそもそもハンディキャップを持っていないということから、誠実にちゃんと向き合うことだと思っていて、自分はハンディキャップがあった時代がないので、一般的に見るとありがたいことにとても体が頑丈でした。僕でも、すごく印象的だったのは、四肢の筋力が弱くて同じ年代のお子さんと遊べないっていう子どものインタビューを収録したときに、「何が欲しいですか」って聞いたら、お母さんが休む場所って言ったんですよね。

小学校の中学年ぐらいになると、もう自分がもう当然一人で公園に行けないんだけれども、遊びたいは遊びたいけど、夏場とかお母さんが立って見てなきゃいけないのがつらくて帰りたくなるっていう。

ああ、なるほどなって、なので自分たちが面白いでしょう。これいいよね。って言うだけじゃなくて、やっぱり現場に行って事実として、それがどういう場でどうあるべきなのかっていうところはちゃんと考えなきゃいけないし、そういう意味だと何かちゃんと自分がわからないことに対して、わからないので見に行くとか、わからないので聞きに行くっていう謙虚さみたいなのが何かすごく大事なんだと。

髙田:
私は子どもって、今しか見てない生き物だし、周りが見えてないのかと思ってたのですが、今お話を聞いて、実は見ていないようで見ていて、考えていないようでいろいろと考えてるんだなと感じました。

深澤さん:
子どもはきっとたぶん二つあって、一つは大人が見ているよりも目であり、耳であり、その視覚、聴覚、触覚とか人間の体に備わっているセンサーの性能がいいというんですかね、できたばかりのセンサーなので、やっぱり年を重ねる中でだんだん落ちていくものだと思うので、そういう意味だと、ちっちゃい頃が一番いいものだと思っていて、もちろんいっぱい聴くことで聞き分けられるようになる。

ピアノの音で、これがいいあれがいいってのは後天的に鍛えられるものですけど、本質的なセンサーとしてのメディアに耳であり、鼻でありとかっていうところはやっぱりいいものを持っていると思っていて、なので僕らが見えている世界と違うんじゃないかって、よく思っていて、なのでよくこういうのを面白いだろうと思って、子ども向けに作った遊具よりも、子どもにすると、工事現場のカラーコーンとかで遊んでいる方が楽しいというのがよく言われていて、なので、子どもの為に考えるんだけれども、なんですかね。子ども騙しのデザインであってはいけないなというのは常々思いますよね。

髙田:
桐朋の本物に触れる教育というのは、子どもの五感を鍛えている意味でもとても素晴らしい教育ですね。

深澤さん:
はい。いいと思います。
桐朋はなんかいろいろ遊具を置いているんですけど、学校って同級生がいるし、何だったら先生もいるし、外の刺激もいっぱいあるので、遊具自体はもちろんあっていいと思うんですけど、僕はなんか桐朋の遊びの中に占める、砂とか土が占めている割合がすごく高いのが僕はすごいいいなと思っていて、たぶん今もやってんだと思うんですけど、僕の時代に泥団子をきれいに作るっていうのが猛烈にやっぱりみんなやっていて、細かいんですけど、砂を集めたり、自分で何かを作って壊すとか、何がいいとかっていう半分科学の実験に近いですけど、ラインを引く白い石灰で団子を固めて、みんなの一回は先生に怒られるんだと思うんですけど、土とか砂っていうのが身近にあってそれで遊ぶ。だからあんまり与えないで、身近なもので十分遊べるんですよね。そういうところがあるのが、僕は個人的にはすごく良い教育だったんじゃないかな。って思います。今日も久しぶりに学校に入りましたけど、相変わらずあまり置いてないのはすごくリッチだなっていう風には個人的には思いました。

髙田:
泥団子は永遠の子どもの遊びアイテム(笑)

深澤さん:
はい。終わりなき(笑)

次回、深澤幸郎さん-後編-は<2022年10月1日>に予定しています。

こちらのページでは、先生や卒業生の近況、また桐朋生にとって懐かしい方々を紹介いたします。
桐朋学園初等部同窓会は6,571名(2021年度3月時点)の会員から構成され、卒業生間の親睦と母校への貢献を目的に活発な活動をおこなっています。
卒業後も桐朋の教えをもつ仲間として、深い繋がりをもっていることが桐朋学園初等部同窓会の特徴です。

同期生同士の横の繋がりだけでなく、クラブ活動や課外活動等によって形成された先輩・後輩の縦の繋がりは、社会人になってからも大きな心の支えとなり、様々な場面で活かされ、その関係は一生のものとなっています。

「桐朋との繋がり」をきっかけに、更なる同窓生の交流が深まるよう、これから繋がりの深い方々を紹介していきます。